読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身の丈にあった毎日を送りたい。

26歳独り身OL。身の丈にあった毎日を送りたい。

春が来たら。

 

春が来たら。春が来るまでに。

そんなことを思っていたら、もう暦の上では明日から立春でした。

いつの間にか春が来ていたんですね。

 

今のうちにやっておかないといけないこと、できること。なにがあるんだろうかとときどき考えるのですが、だいたい目の前のことに手いっぱいですぐ忘れてしまいます。

それでも、とりあえず毎日片付けることを目指しています。

 

一人暮らしもしたのに、掃除して洗濯して料理して、なんて当たり前の家事ができなかった二十代前半。

今思うとなんて恥ずかしいんだろうな、と思います。

燃えないごみを捨てる、ということを初めて経験したのは最近です。

小学校の教科書も、ピアニカも、リコーダーも、リカちゃん人形も、幼稚園の頃のおもちゃも高かったのに使わなかった脱毛器も、手放せなかった自分。

さすがに有機物はなかったですが、余計なものを買うのに捨てられない。それどころか、捨てるという発想さえありませんでした。

洗濯してない服が、使っていないガラクタが、大量の本が寄せ集まって積み重なった部屋は、ごっちゃごちゃで、頭の中もいつもごちゃごちゃしていました。

双極性障害のようなものを発症して、一人暮らしの汚部屋にひきこもって毎日苦しくて死ぬことを考えていた大学時代。今までで一番地獄みたいな経験でした。

綺麗になった部屋ですっきりとして、やるべきことを考えて、動けるようになった今、精神的に参ることは少なくなりました。毎日楽しいばかりです。

 

でも、まだまだ部屋を片付けたいなと今は思います。

例え実家であろうと、引っ越すときにすべての荷物を持っていきたいと思う部屋を目指して。

生きて、毎日クイックルワイパーをかけるのが、今のわたしの目標です。

新しい春が来るために。今日もよろしくお願いします。