読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身の丈にあった毎日を送りたい。

26歳独り身OL。身の丈にあった毎日を送りたい。

一粒ダイヤのネックレス。

 

一粒ダイヤのネックレス。

一年くらいずーっと欲しいと感じてはインターネットのサイトを見たりお店で見たりしていたんですが、買う決心がつかないでいます。
カラットとか、カットとか、透明な物とか、デザインとか。
上を見上げればきりがなく、それこそ何十万とか、何百万の金額のものもある世界。
かといって、お金がないからキュービックジルコニアの模造ダイヤでいいかと言われると、それもなんだか違うような気がしてしまうんですよね。
身につけるなら、日常でさりげなく身にまといたい。
さりげなく素敵なものをまといたい。
でも、そのために高いお金を出して、今必要か。わたしに相応しいか。
・・・・・・って考えると、今のわたしには不釣り合いなお買い物かなあと。

 

わたしにとっては、一粒ダイヤのネックレスはたぶん、「大人の女性へのあこがれ」みたいなものなんだろうなと思っています。
こんなのが似合う大人になりたいなとか、これを身につけてる女の人かっこいいなとか。
夢ばっかりで、現実に身につけてる姿はあんまり想像できないんですけどね。
でもいつか、未来のわたしがこんな素敵なダイヤのネックレスが似合う大人になったら。
そのときは、しっかり吟味して素敵な、わたしにちょうどいい物を探したいなあとは思います。

 

未来のわたしにお買い物のわくわくをお預けします。
一粒ダイヤのために貯金もいいかななんて、思ってしまうあたり、もしかして欲しいものは買わない方がときめくのかもしれません。
最近は自分の中の物欲との対話ばかりしていますが、食欲とも会話できるようになりたいものです。
それでは、今日もよろしくおねがいします。