身の丈にあった毎日を送りたい。

26歳独り身OL。身の丈にあった毎日を送りたい。

眠れないけど生きている。

 

不眠症、なんて大したものではないけれど寝られないときは全く寝られないのが、かれこれ5年以上です。

朝の5時まで眠れない日もあれば、布団入って三分でおやすみって日もあるので自分の睡眠のリズムがよくわからないですが、寒いと寝られないのは確かですね。

とりあえず冬場は一時間くらい電気毛布強めのお布団と湯たんぽでじわーっとあったまって手足の感覚を安心させてから眠る日々です。

それでも寒い時もあるんですけどね…もう部屋をあっためてもすぐに冷えていくのでどうしようもないかと。

今のところ一番効くのは身体をあっためることと「眠い」ってひたすら自己暗示をかけるやり方でした。本当に眠くなってくるので自己暗示おすすめです。

早く暖かくなってくれれば嬉しいな、と願うばかりです。

なんでも書くノートを作ってみた。

断捨離をしていたら見つけた一冊のノート。

大学時代の講義に使っていたもので、何故か3ページだけ書いてありました。

あとは分厚いノートが余白だらけ。きっと見つからなくて新しいノートを買ったんだろうなあとしみじみ思いました。

そのまま捨てようかと思ったんですが、ふと思いついて「なんでも書くノート」にしてみました。

最初は家計簿の予定だったんですが、家計簿専用とか、体重を記録するダイエット専用とか分ける必要ないよなって気づいたのですべてをこの一冊で賄ってみようと思います。

枠線も引かず、記入も黒のサインペン(ボールペンより書き心地が好き)でさらさらっと思いのままに記入してみることにしました。

・買ったもの

・変化のあった残高(電子マネー、財布の現金、銀行口座)

・夕飯に作ったもの

・体重

・歩数(アプリで記録したもの)

・今後の予定メモ

書いているうちにだんだん思考が整理されてくるのがわかって、おお、と感心しながら1ページずつ埋めています。

今までずっとこういう日常行動のすべてを保存するアプリがほしいなーって思ってたんですが、アナログで良かったんですね。

1日1ページ。書くことのない日もきっとあるとは思いますが、それはそれで。

しばらくこのノートの行く末を見守ってみたいと思います。

 

これ以上脂肪にお金をかけてたまるか。

 

うっかりと誕生日でクーポンで安かったからとエステのボディシェイプコースに行って、うっかりと美人なお姉さんにちやほやされて痩せましょう!って綺麗なお顔で微笑まれてうっかりと「15万円」のコースを契約しました。

……15万円って。

これ以上脂肪にお金をかけるのかと冷静になってすごく何とも言えない気分になりました。だいたいお金の使い方を見直そう!と思ったのはまだ数日前のことです。

舌の根も乾かぬうちになんてことを……………。と湧き上がる罪悪感。

ということで、本日すっぱりとクーリングオフ

電話一本で終わって罪悪感も水に流れていきました。

ああ、良かった。恐ろしい請求を見なくて済んだ…と痩せてないのに安心しました。

 

だいたい太っているからお金がかかるんですよね。

全力で走るなり運動するなり家事に本気を出すなりして動いてから、痩せたいというのはほざくべきだと思いました。

うっかりとカードを切った恐ろしい体験をここにそっと埋めつつ、痩せたい思いを胸に、明日も走ってこようと思います。

 

鏡に映る自分が。

 

びっくりするくらいちょっと太っていて、ですね。

なんだかこう、数値が全体的に右上がり。

健康的とか標準体重をそろそろ通り過ぎて40代かなってくらいのたるんだ緩んだ残念ボディ。

わがまま感なんてありはしない疲れた中年ボディを目の当たりにし、もう無理怖いセルライトこわい…となりました…。

3月はがっつり減量に走りたいと思います。やーせーろ!

レ・ミゼラブル。

 

近所の図書館で映画を借りられるというのがすごく便利で、名作ぞろいでよく利用しているんですが、つい先日新しく「レ・ミゼラブル」が置いてあるのを見つけてとてもテンションが上がりました。

2012年かな?その頃公開のミュージカル映画で、当時大学生だったわたしは映画館に見に行ったのを覚えています。

ちなみにミュージカルって知らなくて見たので、開始から20分くらいみんな歌ってる…ってぽかんとしてたのは内緒です。

そのときは何かとても大きな衝撃を受けたのですがよく覚えておらず、ただ記憶に残っていたのは「5年か10年したらもう一回見よう」という感想でした。

あれから5年。

じっくりと楽しんでみることができてとても満足しました。

とても、なんか…上手く言葉にできないですね。

じーんとしました。この気持ちを感動したといっていいものかよくわからないので、また5年後のわたしに託そうと思います。

この気持ちに的確な表現ができる語彙を5年後のわたしが得ていますように。

 

春の訪れ。

とっても暖かくて、ふわっとしあわせに包まれるような一日でした。

なにか暖かいとうきうきして、ふらりと服屋に立ち寄りたくなりました。

ピンク色とかパステルのお洋服が増えてきたのを見ると、ああ、春だなあと口元が緩みます。

服から春を感じる、っていうのもなんだかいいですね。

春と言えばお団子が食べたくなるなー。なんて考えたのは、またのお楽しみということで。

 

 

思考停止していた部分を断捨離。

お部屋にある、開き戸を1つ。

いつも開けることはほとんどないという、なんとなく思考停止していた場所でした。

古いコルクボードや、ぼろぼろの百人一首、ゲームの空箱、大量のクリアファイル。

何をどうしたってくらいクリアファイルが出て来てちょっと笑いました。

最近調子が悪かったのは、何か止まっていたのかなー、と思いつつサクッと断捨離して、空箱を潰して回収に出して、いままでありがとうございましたと伝えて来ました。

そのまま売れそうな物はリサイクルショップに持ち込んで見ましたが、こんなもんか、と苦笑するような金額でした。

手放すものに夢をみてはいけませんね。

それでもひとつ重たいものを手放した清々しさを胸に、のんびりと今日も過ごしていきたいと思います。

今日もよろしくお願いします。