身の丈にあった毎日を送りたい。

26歳独り身OL。身の丈にあった毎日を送りたい。

27歳の失恋

 

いつの間にか27歳になっていたし、想いを告げた相手にはごめんねと謝られた。

馬鹿みたい。

結婚とか、恋愛とか、上手に出来なくて嫌になることばっかりです。

髪でも切ろうかなって、こんな梅雨の最中に思います。明日は晴れると良いな。

コーラルピンクのチークが合わなくなってきた。

 

女性の顔色を左右する最後の砦、チークさんにはお化粧を始めた大学生のときから長年お世話になってきました。
20代前半でヘビロテしていたのはコフレドールのスマイルアップチークス。
ピンクからオレンジ、ローズといろんな色味で、限定色で、お世話になりました。
パーソナルカラー診断とか何それ、という無知の頃にわたしにはローズ系が似合わないとメイクした顔で殴って教えてくれたのもスマイルアップチークスさんでした。あの件は本当に今後の役に立ちましたありがとうございます。
それからイエローベースはコーラルピンク系のチークと信じて過ごしてきました。

 

そして時間が経ち20代も後半戦。
もうじき27になろうというそろそろ大人の色気を身につけたい年頃になって、鏡を見て首をかしげることが多くなってきました。

 

なんか、似合わない。

 

コーラルピンクです。セザンヌさんのナチュラルチークです。
色は間違いはないはずなのに、何か間違っているようにしか見えなくて、恐ろしい気分になりました。

ほっぺの辺りに違和感が飛びまくりです。

ほっぺの色が・・・・・・明るすぎる・・・・・・???

 

いや、違う。
顔色がくすんでる。

 

このコーラルピンク色が、発色が綺麗すぎて顔色の中で浮いてしまっていることに気がつきました。
がっつんと鈍器で殴られたような、衝撃。
そうか、このチークはわたしにはもう似合わないのか・・・・・・!!と震える手でコーラルピンクのチークを握りしめて絶望を感じました。
いつまで女子でいるつもりだと、ぶん殴ってくる年齢肌。
エイジングケアという単語に他人事を感じていられるのは20代の前半までだぞ?と言われているような残酷な現実。

 

大人って、何のチーク使っているの。
シャネルとか?シャネルとかなら浮かないの?とネットの世界に助けを求めたときに出会った一つの道。
「ベージュのチーク」という世界。
大人のカラーレスメイクとか書かれてましたが、ブラウンでもオレンジでもない、ベージュ。

ナチュラルで自然な感じになる。という評価を聞き、手の届きそうなお値段で出会ったのが「ヴィセ リシェ フォギーオンチークスのピンクベージュ」さん。
わたしの今までの明るく華やかな女の子の理想とは少し違う、地味目なお色で最初は戸惑いました。チークって顔色を良く見せる物でしょう?と。
でも肌につけたときに一瞬で納得。ピンクベージュの優しさと安心感にあー・・・とため息が漏れました。
すっごい自然でした。上気したとか湯上がりとかおフェロとかそういうんじゃなくて、肌が綺麗な人の色づいたほっぺ、みたいになりました。
目指すべきはここだったのか・・・。と一種の理想の肌を与えられたような感じでした。

 

もうすぐ27歳になります。
一年に一度もスポットライトを浴びることもなく、ばっちりメイクもしないで生きていられる程度のイベントしか遭遇しない社会人。
下地にパウダー、アイシャドウは塗らない、色つきリップの毎日です。まあ、あの、顔色のくすみは嫌なので下地は補正の強い物に変えるつもりではいます。
人は年齢を重ね、いつまでも若い自分と同じではいられないのだな・・・としょっぱい気持ちにもなりましたが、今の自分を見つめ直す良いきっかけでした。
コーラルピンクのチークさん、今までありがとう。

 

でもひとつもったいないと思うのは、この色味のチークがプチプラにほとんど無いんですよね!ベージュ系のチーク、もっとプチプラで出せば良いのに・・・!と片隅で叫びつつ。

それでも湯上り肌の代名詞、コーラルピンクのキャンメイクのクリームチークさんは何かあったときに使おうと断捨離できないわたしを片隅に仕舞っておきます。

今日も一日頑張ります。

元彼が2ndシングルを発売してた。

 

百年の恋が冷める瞬間って本当にあるんだな、と思いました。

 

百年の恋、だったかは分かりませんが、中学生の頃から想い続けて10年以上はわたしの心の真ん中に居座っていた人でした。

大学の時に告白して付き合って、手も繋がないまま振られたことで軽く精神を病んだのも、その後ずーっと長い間引きずっていたのも、今となっては懐かしいものです。

怨念のような未練のような執念の感情を抱いていることは自覚してました。ストーカーとかにはなってませんが、一生胸の中にトゲとなって刺さり続けることを覚悟していたくらいには、好きでした。

ただ、本日、その深く刺さっていた心のトゲが、ドン引きと共に抜けていったことは確かです。

 

きっかけは年に数回開くかな?というフェイスブック

振られたあとに未練がましく友達になっていたのですが、久しぶりに開いて投稿を見たら「ワンマンライブ」「2ndシングル」の香ばしい文字が。

いや、1枚目のシングルを出したのは知ってました。振られたあとでしたけどその時はなんか、やりたい事をやってて楽しそうだなーと思ったんですが、いや、あの、2枚目のシングルも出してたの?と。そんなに音楽したかったの?嘘でしょ?と。

音楽活動をする人を偏見で見てるとかそういう事を言いたいわけじゃないんですが、友人がマルチにハマったかのようなしょっぱい感情しか浮かびませんでした。遠い世界に行ってしまったのね。その星でお元気で。というテンションです。

 

久しぶりに顔写真を見ても勘違いサブカル男にしか見えませんでした。何そのパーマとメガネ。何を目指してるの。

ドン引き以外の感情もなく終わった恋をゴミに出す決意をしたんですが、不意に開いてしまった大学時代の写真のページにはわたしの記憶の中の好きだった人が確かにいて、やり切れない後味の悪さも噛みしめました。

でも、ようやくこの恋は終わったのかと、すっきりした気分の方が大きいです。

 

ダメな恋に始末がついたから、いい恋が始まってくれると良いんですが。恋愛運上昇、待ってます。

という今日の日記は厄落としの心の吐き出しでした。あばよ元彼。

明日から頑張ります。

 

 

 

眠れない夜の独り言。

明日もお仕事なんですが、いやもうなんか眠れなくて、どうしたものかと。

眠いなーという感覚はあって、頭もぼんやりしているんですが、ベッドに入って早5時間。そろそろ羊を数えるのも瞑想するのも飽きてきました。

昨日もちょっと寝るのに時間がかかったので、今日もその延長かな!と思ったんですが、いやはや。そんな比じゃなかったぞ。ストレスなのか、冬だからなのかわかりませんが、困ったのもです。

 

ということでロイヤルミルクティーを飲み干して少しストレッチしてみます。

さすがに深夜二時にパソコンに向かっているのは社会人として不安があるので、もう少し眠気が襲ってきたら横になろうかなと思ってます。

数時間でも眠れますように!

 

汚部屋を断捨離したときの記録

(注 汚い部屋の写真です)

 

 

 

 

f:id:Indigoblue1111:20180217173633j:image

 

うっわぁ……と今なら思うこの、かつての惨状。

まぁ、これはこんまりさんの方法で服を集めた時の物なので片付け途中ではあるんですが……。

いやでも普通に汚いときはこんな中で生活してたな、と自分のことながらおぞましい限りです。

足の踏み場もない。

服は今この写真の範囲に写ってるものは全て処分した気がします。これ24歳くらいの時の写真ですが、写ってる服の大半が高校大学時代のもの。

酷いときにはお下がりで貰ったものを10年くらい着続けていました。骨董品かな?

 

今は服は全部集めても、衣装ケースひとつ分くらいしかないですが、大事にお洗濯してぼろぼろになる前に感謝して処分できています。

本当に服の寿命はワンシーズン。

ときめくワンシーズンを着尽くすとよれよれになるので寿命が来たのを感じるばかりです。

 

26歳独身女性としては、決してお洒落ではないですが、大火傷的なファッションでもないと思っています。

次はどんな服を着ようかな、と思うのが最近の楽しみです。本当に服を処分して良かった!

 

牛乳パックを、開くのが嫌いでした。

 

牛乳をよく飲むのに、牛乳パックを洗って開くという作業が嫌いでした。

ハサミを持って切り開けば、ハサミを取り出すのも含めて30秒もかからないのに、何故かとても面倒くさい。

本当に面倒くさい。出来るなら切り開きたくないけど、切り開いてリサイクルには出したいという、この葛藤。

しかも牛乳パックのままにされていると、未処理です!というオーラがすごくて見るたびに気分が下がっていつももやもやしてました。

 

なんだろう。

なんでこんなに面倒くさいのか。

ハサミを手にとってしゃきしゃき切り開きながら考えていて、切りにくいなーと若干いらいらしてました。

これじゃ、線がガタガタになる……と考えて、ふと気付きました。

 

なんでわたしは、牛乳パックを綺麗に切り開かないといけないと思っているんだろう?と。

 

これ、この後リサイクルで回収されて溶かされて生まれ変わる運命の子です。

多少線がガタガタになってても問題ないのでは!?と気付いて目からウロコでした。

ザクザク切ってみると、切りにくいですが普通に開けました。10秒くらいでいけそうな感じです。

逆に、なんでわたしは、今まで丁寧に切り開いていたんだろうか…?という疑問が湧き上がるくらいでした。

なんだ、これでいいのか。

牛乳パックを開くのは思ったより面倒くさくない作業だと再認識しました。

ずーっと昔から勝手な思い込みを、勝手にしていたんでしょうか。

ひとつなんだか、スッキリしました。

ドタバタの結婚式

 

横浜で結婚式するから来て!と言われた長野県民ですが、準備が甘くてそりゃもうドタバタな朝を迎えてしまいました…反省。

3つほど失敗したので自戒を込めてここに書いておこうと思います。

 

①当日の朝ご祝儀袋を書き損じる

これはもうお馬鹿すぎて…。恥ずかしい…。

可愛いご祝儀袋を買ったなら頑張って余裕があるときに書きましょう。

当日の朝はダメですね。慌てて書くのもダメですし、失敗した!どうしよう!という心理的なドタバタで気が気じゃなかったです。

そして今横浜行きの高速バスですが、まだ実はご祝儀袋を手に入れてません…。サービスエリアに売ってますかね。止まったら探します。

 

②招待状を忘れる

場所は分かるんですが、何時から…だっけ…という顔をするばかりです。

一緒に行く前の会社の人にさり気なく聞くつもりでいます。ドタバタよくない。

 

③ヘアメイクを頼んだので油断してすっぴんで行ったら知り合いと同じバス

前の会社の人に遭遇する可能性を分かっていたのならマスクくらいしましょうと…。

今朝シートマスクしてたので肌はツルツルですが、いやすっぴんて。恥ずかしい。

せめてコンシーラーだけでもしてくるべきでした。反省。

 

④講評

次回はもっと頑張りましょう。

はい!反省会終わり!

ご祝儀袋を手に入れて横浜着いたらメイクして頑張ります〜!!行ってきまーす!